CALENDAR
Sun Mon Tue Wed Thu Fri Sat
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< August 2018 >>
PR
SELECTED ENTRIES
RECENT COMMENTS
ARCHIVES
MOBILE
qrcode
LINKS
PROFILE
OTHERS

元気ブログ〜高山村役場〜

群馬県高山村役場ブログです♪
村内の情報をた〜っぷりお届けします!

♪高山村facebookページ
https://www.facebook.com/gunmatkym

♪9代目緑のふるさと協力隊ブログ
http://taka-midori09.jugem.jp/
<< 恵方巻き作り | main | 里人こぞりて初午祭り >>
五領の御不動様
0

    群馬県高山村の五領という行政区において御不動様を祀っています。

    毎年1月と9月に祭典があるので、1月の祭典の見学に行ってきました。

     

    ▼五領公民館の脇にある光水山不動尊。

     

    ▼坂道を少し登ると開けた場所があり、小屋があります。

     そこに御不動様が祀られています。

     

    ▼御不動様の横には刀を形取った物があり、病気をした時や合格祈願等の時に奉納されるようです。

     

    宵祭りは、参道や堂内の清掃が行われ夕方から法要が営まれます。

    混ぜご飯や漬物、お酒等が振舞われ、地区の皆さんが集まってきます。

     

    ▼数年に一度の百万遍念仏。

    大きな数珠を繰り返しまわしつつ、念仏を唱えます。

    もう念仏を唱えられる人が少なくなってきているようです。

     

    五領のお不動様の由来としては、786年伝教大師が東国御巡廻の折越後を通りこの山中にてお休みなされ、ここで不動の尊像を造られた。当時不動坂という所の人々が、堂を作ってこの像を安置し悪魔消除のため深く崇敬した。しかし戦乱のうちに兵火にかかり、炎上した。

    1580年疫病が流行し、多くの人が死ぬことがあった。人々は之を愁い悲しんで不動堂を再建し、ひたすら祈った。すると不動尊の威力を得て縛ってあった縄は龍となり、火災は民家を照らし疫病は遂に止み、龍は元の如く縛ってあった縄になってしまった。

    ※五領不動尊由来記一部抜粋

     

    夜は薄暗く、懐中電灯がないと歩けないですが

    昼間は光がさしていい雰囲気です。

    ずっと長い間続いている歴史を感じられる貴重な場所です。

    | - | 09:06 | comments(0) | trackbacks(0) |
    スポンサーサイト
    0
      | - | 09:06 | - | - |









      http://tkym-yakuba.jugem.jp/trackback/1284